ブログトップ

適当

mayu16sai.exblog.jp

ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリア(本名:中山 裕介(なかやま ゆうすけ)
1971年3月12日 )
俳優、タレント、歌手。テイク・イット・エージェンシー所属。血液型はB型。愛称ユースケ。

かつてはバンドミュージシャンとして活動していたが、のちにタレント・役者としての活動を中心にする。熱く物事を語る芸風である割に、大ボラ吹きで心のない発言が目立つことから「ポスト高田純次」の呼び声もある。身長175cm。

芸名の由来は、ラテンミュージシャンのモンゴ・サンタマリアにあやかったもの。地味なルックスだったため、名前は派手で目立つものを、と考えたという。当時のバンド仲間であるオルケスタ・デ・ラ・ルスのゲンタ氏が考案したとの説あり。ナインティナインの岡村隆史に「ユースケはともかくサンタマリアとはなんやねん!」とツッコミをいれられたこともある。

当初は「ユースケ サンタマリア」という表記だった芸名を、姓名判断師の安斎勝洋に「・」を付記するようアドバイスされたため、それ以降芸名は「ユースケサンタマリア」でも間違いと主張。しかし新聞ラジオ・テレビ欄のテレビ欄は基本的に1行につき10文字表記なので「ユースケサンタマリア」と表記せざるを得ない。一部紙では単に「ユースケ」と表記されることも。

一時、「本名は玉利谷裕介(たまりや ゆうすけ)で、それを文字入れ替えしたもの」という噂が流れた。

大分県大分市出身。大分市立王子中学校、大分東明高等学校卒業。南九州大学中退。

地元大分でバンド「XYZマーダーズ」結成。コンテスト等にて人気急上昇も高校卒業と同時に解散。その後すぐGSサウンド炸裂のロックバンド「NUTTIES」結成。クラウンレコードよりCD1枚、自主制作アルバム2作発表、ソロ活動としても地元FM局にて「88ロックファクトリー」司会等で活躍。その後、九州時代の仲間「Z-BACK」のVo:時正を頼って上京し、ラテンロックバンド「BINGO BONGO」のヴォーカル・司会として加入。音楽はCMにも起用された。当時から人を惹きつけるパフォーマンスや司会の仕切りは上手かった。

BINGO BONGO時代にライブのチケットをB'zの稲葉浩志にアポ無しの体当たりで手渡ししたことがある。稲葉はちゃんとライブを見に来た。またNUTTIES時代、Mr.Childrenと同じライヴハウスで対バンだったこともある。


「スペースシャワーTV」で、ウルフルズのトータス松本とコンビで生放送の2時間番組、「夕陽のドラゴン」の司会を務める(1995年4月~1997年3月)。放送開始当時、全くの無名だった二人(当時はユースケの方がまだトータスより知名度はあった、とはユースケ本人の弁)は「捨てる物なし、怖いものなし」精神で、渋谷のオープンスタジオを気軽に抜けて街中をアポなし中継するなど、現在の二人の知名度を思えば考えられない大らかな番組だったが、ウルフルズのシングル「ガッツだぜ!」がブレイクするや否やトータスの人気が急上昇し、番組も徐々に知られるようになると、渋谷から六本木のスペースシャワー局内へ中継場所を変更し、加えてウルフルズのライヴツアーの都合上、生放送できず収録となる週も増えて行く。トータスが多忙、ユースケがヒマという状態が続きユースケがクサることも。トータスはそんなユースケを気遣いつつ見守る。ドラゴン収録も兼ねて、ユースケがウルフルズのライヴツアーに同行し、舞台に飛び入り参加したこともあって、当時メンバーから「ウルフルズ第五のメンバー」と冗談交じりに呼ばれていた。番組終了間近はちょうど『踊る大捜査線』の収録が佳境であり、刑事ものの『踊る~』に因んで、二人で警官コスプレ姿のまま放送した週もあった。(BINGO BONGOは、この時期に解散している)

ウルフルズのアルバム「バンザイ」収録「ダメなものはダメ」に間奏の語りで参加している。


後に全国区の民放テレビ局にも出演。またトヨタCMでの篠原ともえとの音楽ユニット「カロゴンズ」や、日本テレビ系『新橋ミュージックホール』で共演したビートたけし・トータス松本との音楽ユニット「ぢ・大黒堂」でも知名度を上げ始める。

テレビ朝日の深夜番組「Video jam」に出演し、コントをやっているところを、『踊る大捜査線』のキャスティングで頭を悩ませていた亀山千広プロデューサーが観ていて、「一度会ってみたい」ということになった。しかし、本人は『踊る大捜査線』への出演が決定したと勘違いしたらしい。結果的にはオーディションに合格。見事『踊る大捜査線』に出演し、役者・タレントとして確固たる地位を築いた。

1998年に、SMAPの草彅剛とともに、テレビ朝日の深夜帯で『「ぷっ」すま』がスタート。やる気のなさを前面に出したバラエティー番組で、2005年5月現在まで300回以上放送されている。またこの番組においては、芸能界きってのエロ親父ぶりを発揮。コンビを組んでいる草彅も影響を受けたのか、似たような行動に出る事もある。尚、江頭2:50が出演するときは、江頭の暴走を抑えたり、江頭のネタ(下ネタ)の被害に遭ったゲストのフォローをしたりする。

2000年、サザンオールスターズの桑田佳祐とともに、フジテレビ系列より音楽バラエティー番組『桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER~』がスタート。同番組のオープニングサウンドステッカー「MUSIC TIGER」合いの手で参加した。翌2001年に完結し、その後は27時間テレビ等スペシャル番組で復活している。また、この番組の共演から、桑田佳祐ソロシングル『白い恋人達』のPVにも友情出演している。

2002年、ゆずのシングル曲「恋の歌謡日」に最初の語りで参加。しかし、これはボツとなり一度だけラジアンリミテッド内でオンエアーされただけである。

2003年には初の主演ミュージカル"Don't trust over 30"が公演された。

2004年2月~3月、体調不良により仕事を休業。番組にはワンショットのみ映る、といった不自然な出演が続く。顔はガリガリにこけ、不調の理由も明らかにされなかったことから、一時重病説が横行した。TBSドラマ「ホームドラマ!」にて本格的に仕事復帰。5月18日には一般人女性と結婚。 同年年末放送のスペースシャワー開局15周年番組『スペシャ15祭!夢の青白歌合戦』に司会で登場、トータス松本と警官コスプレ姿で、ユニットの唯一のオリジナル曲「テクノロジーオヴラヴ~名古屋まで2km~」を披露。

2005年公開の映画『交渉人 真下正義』では映画初主演を果たし、第29回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した。

2006年春に、ドラマ『愛と死をみつめて』にて、『「ぷっ」すま』でコンビを組んでいる草彅と他番組での初共演を果たした。因みにこの出演は友情出演である。
[PR]
by mayu16sai | 2006-09-01 20:28